気ままな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 王家の紋章 第2巻

<<   作成日時 : 2009/08/15 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はるかなる古代エジプト王朝より
三千年のときを経て…
メンフィス王の姉 美しき女王アイシス
いまこの現代によみがえる

女王アイシスは発掘団に出資したリード氏に復讐し
ひとり娘のキャロルを狙う!!

「こいっキャロル!
弟の墓をあばいた呪いだ
そなたを古代へ三千年前の世界へつれていく…。」

現代から古代の世界へつれていかれたキャロルは、
ナイル川のパピルスの中で倒れているところを
古代エジプトの奴隷セチとその母親に助けられる。

古代では異国の者はそっこく死刑!

金色の髪に青い瞳を持つキャロルはみつかったら大変!
顔と手足を汚し、奴隷娘に変身して過ごしていたのだが…

そんな時、新しいエジプト王となったメンフィスに見つかってしまう。

メンフィスは人目見てキャロルを気に入り側におきます。
…が、現代人のキャロルは、メンフィスに逆らってばかり…。
まったく言うことを聞かないキャロルですが、そんなキャロルをメンフィスは
成敗することもなく側においておきます。

そんなある日、メンフィスは毒蛇にかまれてしまいます。

古代では手当てする方法もなくメンフィス王もこれが最後かと思われたところで
現代の解毒剤をメンフィスにのませてキャロルがメンフィスを助けます。

このことからキャロルは神の娘と呼ばれるようになり
メンフィスからも愛されるようになります。

そんなキャロルを許すことができないのが
女王アイシス!

大事なメンフィスとの結婚も白紙にされてしまい
キャロルをうらむアイシス!

キャロルは恐ろしいメンフィスから何とかのがれようと
試みますがうまくいかず、メンフィスともみ合ううちに
ふたり一緒にナイル川へ落ちてしまいます。

そして、キャロルはなんとか現代の世界へ戻ることができました!

全てが夢であったのか現実であったのか…

不思議なことに古代で過ごしたキャロルの記憶はなくなっていたのでした…

はるかな…はるかな…
遠くの果てから
…誰かが私をよんでいるような…


第2巻も古いのでボロボロ
現代の薬をどうしてキャロルが持っているのかななんて…
思ったりする場面もあったりしますが…
キャロルを愛しはじめたメンフィスのアプローチはスゴイ
愛しているの言葉だらけ…
メンフィスは王なので、みんなが自分に従って当たり前!
どうして奴隷の身分であるキャロルが自分になびかないのか
全く理解できない様子!

ありえないストーリーだけれど…
やっぱり面白いかもこのラブストーリー

でも何十年も経った今でもまだお話が終わっていないのかと思うと…
今ではどんなお話になっているのかな?
まっのんびり読んでいきます。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
王家の紋章 第2巻 気ままな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる