気ままな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬

<<   作成日時 : 2009/12/31 23:32   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

イギリス児童文学原作エリザベス・グージ「まぼろしの白馬」の映画化。
監督:ガボア・クスポ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ヨアン・グリフィズ、ティム・カリー、オーガスタス・プルー、ナターシャ・マケルホーン、ジュリエット・スティーブンソン
原題「The Secret of Moonacre

父親を亡くして孤児となったマリアは、深い谷のなかにあるムーンエーカー領に住む、おじのメリウェザー卿に引き取られることになった。すると、ムーンエーカーにやって来たマリアに、次々と不思議な出来事が起こる。父が遺した『ムーンエーカー谷の昔の物語』という本によれば、5千回目の満月までに谷にかけられた呪いを解かなければ、ムーンエーカーは永遠に闇に包まれてしまうらしい。それを回避するには、真の月姫が月の力を秘めた真珠の首飾りを見つけ出さなくてはならないというのだ。そこでマリアは、メリウェザー家と対立するド・ノワール族の末裔ロビンや、犬のふりをした黒ライオンのロルフ、そしてユニコーンに導かれて、真珠の首飾りを探す冒険に旅立つことに…。

ヨアン・グリフィズが出演しているので興味がありファンタジーものだったのであまり期待することなく子供と一緒に鑑賞しましたが本当によくできた作品であったと思います。風景や衣装などとってもきれいで見ているだけでも楽しめる作品で、主人公マリアのドレス、ネグリジェなども綺麗、「ライラの冒険」からこの作品が2作目というマリア役のダコタですが、成長してきれいな少女になっていたのでビックリ。今後の活躍も楽しみですね。ヨアンは叔父さんという役でしたがこの時代の衣装がとってもよく似合う俳優さんだなぁと改めて思いました。素敵でした。また時代ものに出演してほしいなぁと思います。




映画が面白かったので原作はもっと面白いはず…時間のあるときには読んでみたいと思います。


まぼろしの白馬新版


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬 気ままな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる